子供教育シンフォニーについて

添田衣織(そえだいおり)が主宰する子供教育シンフォニーについて。

孟母三遷をして、子供にしっかりとした学位と職業持たせよう!

子供教育シンフォニーは、「孟母三遷をして、子供にしっかりとした学位と職業持たせよう!」をコンセプトに発想の転換をはかり、親子留学や教育移住を通じて生き方や教育のあり方の見直しを提案する、お母さんとお子さんのための次世代の教育サポーターです。

子供が自分を発見するためには、子供時代からティーンエイジャーになるまで、自分のやりたいことがわかるような時間を過ごさなければなりません。

子供が自分を発見する

そうした環境を手に入れるためには、これまでの価値観や考え方にとらわれることなく、ものごとを判断し行動していく必要があります。

シンフォニーでは、そうした発想の転換時代を見抜く力を養いながら孟母三遷を実践するサポートを行っています。

孟母三遷とは… 孟母三遷の教え・・と言われ、

子供の教育には、良い環境を選ぶことが大事であるという教え。教育熱心な母親をも意味をも意味する。  

「孟母」とは、孟子の母。「三遷」とは、住居を3回変える事。孟子の家族は、はじめ、お墓の近くに住んでいたが、孟子が葬式ごっこをするので市場の近くに引っ越す。しかし、そこでも、商人の真似ばかりするので、学校の近くに引っ越す。すると、孟子は、礼儀作法の真似ごとをするようになり、この地こそ、子供ふさわしいと定住するようになったという故事に由来する。

 

ドイツへの親子留学という選択

その一つがドイツへの親子留学という選択肢です。英語圏への長期の親子留学は学費などの視点から難しいというケースもありますが、ドイツであれば実現できるかもしれません。

ドイツではドイツ語はもちろんのことですが、英語に関しても日本で学ぶよりも高い水準で身につけることができます。

お母さんが本当に考えるべきことは英語圏に行くことではありません。子供の将来のためにどんな環境を提供し、どんな体験をさせてあげられるかです。

ドイツ親子留学

このように発想を変えることで、これまで見えなかったものが明らかになり、できないかもしれないと思っていたものが可能になるのです。

これまでの考えや価値観にとらわれることなく、本当に必要なものは何か今やるべきことは何かをあなたと一緒に考える、それがシンフォニーの役割です。

ドイツへの親子留学準備のサポートはもちろんのこと、お子さんが現地で生活する上で良いスタートを切るための学習準備、そうした環境を提供するためのお母さんの心の準備もお手伝いしています。

子供教育シンフォニーを主宰している、私、添田衣織(そえだいおり)は現在息子と二人でドイツのベルリンにて生活をしています。

海外から日本を眺め感じたこと、現地で学んでいること、実践していることは、これから一歩を踏み出そうとしているあなたの背中を押し、強力にサポートするものと自負しています。

 

子供教育シンフォニー概要

代表 添田衣織(そえだいおり)
業務内容 ・ドイツ親子留学のためのコーチング
・留学準備のための英語学習サポート
・母親たのための心のあり方の相談・サポート
・ドイツでの親子留学の生活をスタートするためのサポート(ビジネスパートナーとの提携)
・親子留学や教育移住を希望する方のための起業サポート(ビジネスパートナーとの提携)
 WEBサイト 公式サイト 
子供教育シンフォニー公式サイト
公式ブログ
子供教育シンフォニー公式ブログ
アメブロ
子供を仕事を持てるバイリンガルにする方法
 連絡先 お問い合わせフォームより 

 

添田衣織(そえだいおり)について

添田衣織(そえだいおり)添田衣織(そえだいおり)

子供教育シンフォニー主宰
アーティストディレクター

上智大学外国語学部卒業
高校英語、独語教員資格
インドネシア大学BIPA修了

アメリカのシアトルから出発し、豪州オーストラリア3年間の親子留学を経てドイツへ。

現在は、ドイツベルリンより本場の海外情報をライブで本音発信しながら、親子留学、留学、移住を目指す方のためにサポートを行っている。

発想の転換をしながら、懇切丁寧に納得のいくまで寄り添いながらのサポートを行うのが特徴。

息子は16歳で海外7年目。国立大学附属小学校からオーストラリアの小学校を卒業し、オーストラリアのハイスクールを経てドイツのギムナジウムに通学中。アメリカのオンラインハイスクールも同時並行通学中。

「子供に贈ることができる唯一無二の財産とは、教育移住である孟母三遷である」が信条。

父親が長年、中東(ヨルダン、エジプト)、東南アジア(インドネシア、タイ、フィリピン、中国、ベトナム、スリランカ)にて仕事をしていたため、これらの国もよく精通しており、英語、ドイツ語、インドネシア語を駆使してサポートを行っている。