子供の教育と子供の教育サービスのちがい

教育が子供にとって、最良なものであってほしい・・・

これは、誰もが、親であるならば、子供を思い、願うものです。

しかし、子供の教育と子供の教育サービスとは、ちがうものでは?

ほとんどの方が、実は、子供の教育サービスを求めてしまっている・・・

子供にとって、本当に大切な教育・・をおきざりにして・・

教育サービスという付加価値を求めてしまっている・・・

すぐに効果が出てほしい、結果が出てほしい・・・有名校に合格するなど・・

子供にとって、本当に大切な教育とは、目に見えないところにあるのでは・・

子供にとって大切なことは、

  • なんとなく、いつもやる気が出てくる
  • いつも楽しくて、自分に自信がある

これだけを育ててあげれば、子供が自ら、伸びていくのではないでしょうか・・

しかし、教育サービスの結果だけを追い求めていると、こんな子供を育ててしまいます。

  • いつも自分に自信がない。結果が出ないから・・・(結果なんて、すぐに出ません)
  • いつも心配である。 思うようにいかず、目標達成まで、遠いから・・・(目標や夢を追いかけているから、苦しいのです)

実は、日本の教育では、みんな自信がない・・心配である・・という人間になってしまっている。

これが、うつ病、神経症につながっていく。

教育サービスなんていらない。手放そう。

子供に心の底から自信ややる気がみなぎってくる環境を与えよう!ただ、それだけでいい。

お母さんが選んであげなければ、子供は自分で選ぶことはできない。

そんな時代である。